たこ焼きが食べたくなったら?

たこ焼きっておいしいですよね。
嫌いな人はほとんどいないんじゃないでしょうか。
大阪のソウルフードとして有名ですよね。
大阪の観光名所の大阪城にもたこ焼きの露店があったりしますが、薄利多売で大して儲からないんだろうなと思いきや、先日1億3000万円の脱税でニュースになっていました。
めちゃくちゃ儲かっていたんですね。
よくよく考えてみたら、たこ焼きの主な材料は小麦粉とタコだけです。
8個600円で販売していたということなので、利益は相当大きいでしょうね。
買う側からすると8個で600円はちょっと高すぎるように感じます。
だからわたしは、たこ焼き屋さんでたこ焼きを買うことはほとんどありません。
たこ焼きが食べたくなったら、冷凍食品のたこ焼きを買って食べています。
20個入りで300円ぐらいで売っています。
冷凍なので腐ることはないし、食べたくなったらチンすればすぐに熱々が食べれます。
最近の冷凍食品はクオリティがかなり高いのでおいしいです。
チンしても、しっかりと外はカリッ、中はトロッとしたたこ焼きができあがります。
もし何も言われずに、露店のたこ焼きと冷凍食品のたこ焼きを並べて出されてら違いは感じないかもしれません。
それほど優秀な冷凍食品ですが、気になるのが添加物です。
小麦粉とタコ程度のはずなのに、原材料表示をみるとよくわからないカタカナがずらりと並んでいます。
添加物の危険性については解明されていない部分も多いようなので、あまり体に摂り入れたくありません。
でも、それを気にしていたらたこ焼きが食べれません。
それじゃあ、自分で作ってみようということで、アマゾンでたこ焼きプレートを購入してみました。
よくある電気プレートのやつじゃなくて、ガス火用のシンプルな鉄板です。
9穴の鉄板を2枚買いました。1枚800円ぐらいという安さに驚きました。
これならコンロに並べれば、18個のたこ焼きが一度にできます。
かなり手間はかかりましたが、おいしいたこ焼きができあがったので大成功でした。
どうやったらうまくクルッと回せるんだろう?と試行錯誤する時間も楽しいものです。
添加物もないし、冷凍食品よりも安上がりです。
安上がりと言えば、最近プチプラのファッション通販サイトを見つけました。
ATTRANGS(アットランス)っていうプチプラファッションブランドなんですけど、かわいくて珍しいデザインのものが多いんですよね。
口コミを調べてら、なかなか良かったので買ってみたくなりました。
attrangs 評判
洋服って高いわりにワンシーズンしか使えなかったりすることも多いので効率が悪いんですよね。
アットランスのような「クオリティが高くて安い」っていうブランドが増えていってくれたら助かるんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です