ジェルネイルとは

ハードジェルは削ってオフ(はがす)しかなかったのですが、

ジェルネイルは専用の溶剤を使えば、比較的簡単にオフすることができます。爪への負担も少ない新しいネイルの技法です。

ジェルネイルのメリット・デメリット

代表的なジェルの1例~カルジェルの場合~

カルジェルのメリット

メリット

  • 溶剤でオフすることができるので、爪への負担がすくない
  • ジェルに弾力性があるため、爪の形になじみやすく長持ち
  • 粗めのヤスリを使わないため、爪を傷ませない
  • カラーバリエーションが豊富なので、マニュキュアのように塗れる
  • ネイル特有の刺激臭が無い

 

デメリット

  • 紫外線に長時間あたると、黄ばむ可能性がある
  • 弾力があるため、長さがだしにくい

カルジェルとバイオジェルの違い

メーカーの違いになります。カルジェルの方がカラーのバリエーションが多かったり、柔軟性があります。それと比較すると、バイオジェルの方が柔軟性が少ないため、長さだしに適していたり、メンテナンスが楽です。ただし、若干のバイオ特有の匂いがあります。

以上のように、ジェルの数だけそれぞれの特徴があります。

アクセンツ・キャンアイ・IBD・サンシャインベビー・ラピ・アイス、と数えきれないほどのジェルがあります。

お客さまの爪とジェルとの相性もあります、バイオだから必ずしも合うというものでもありません。

ネイリストの得意なジェル、そしてお客さまの希望にあったネイルができる事が何より大切なことだと思います。